鈴木春信(5273 バイト)

鈴木春信

浮世絵版画『錦絵、多色刷り』の開発に携わる
享保十年生まれ、明和七年没
西川祐信の門人
宝暦十年より明和七年まで作画
美人画、子供絵などを得意とした

勝川春章(4899 バイト)

勝川春章

享保十一年生まれ 寛政四年没 勝川派を起こす
弟子に春好、春英、春潮、春朗「北斎」等がいる
宮川春水の弟子 明和頃より寛政四年まで作画
役者絵を得意とし、相撲絵、武者絵を描く

一筆斎文調 (11235 バイト)

一筆斎文調

生没年不詳 美人画、役者絵に秀作がある
作画期 宝暦から文化頃

喜多川歌麿

宝暦三年生まれ 文化三年没
浮世絵の黄金期にもっとも活躍した絵師鳥山石燕の弟子 安永頃より文化初頃まで作画
美人画の大家、金太郎、絵本と多彩であった

鳥居清長(7872 バイト)

鳥居清長

文化十二年没
歌麿とともに、浮世絵の黄金期に活躍した絵師
鳥居派なので役者絵を描くが、後に美人画の評価が高い
鳥居清満の弟子 後に鳥居派を継ぐ
安永から文化まで作画
歌麿、栄之とともに黄金期の美人画で高い評価を受ける

東洲斎写楽

謎の絵師、作画期が寛政六年から七年に掛けて十ヶ月と言われている
写楽に関して数多くの説は有るが、未だ誰で有るかが定まっていない
描いた作品は、ほとんどが役者絵である他には相撲絵がある
突然現れ、百五十八図を書いて、忽然と消えてしまった絵師である。